it-mure.jp.net

起動時にデフォルトルートを追加する

Ppp0接続にデフォルトルートを追加しようとしていますが、デフォルトルートがその接続を指すようにします。 /etc/rc.localに追加しようとしましたが、そうするのに適切な場所だとは思いません。これを達成するのに適切な場所はどこかを知りたい。

6
fcosp

適切な場所はファイル/etc/network/interfacesである必要があります。次のような行を追加します。

up route add default gw 192.168.0.1 dev eth0

IPアドレスはデフォルトゲートウェイの1つであり、最後のエントリはデバイスのデバイス名です。

4
qbi

すでにかなり前のことですが、上記の解決策はどれもうまくいきませんでした。最終的に、Ubuntuの/ etc/pppディレクトリの下にあるip-upファイルのコメントで解決策を見つけました。

/etc/ppp/ip-up.dディレクトリにスクリプトを作成し、そこにroute addコマンドを配置しました。

スクリプトは、pptp接続が作成された後に自動的に選択されます。それは魅力のように機能します。

3
DoubleJ74

Network Managerを使用している場合、ネットワークウィジェットの下の[VPNの構成...]メニューオプションを使用してルートを追加できます。次に、VPNで、ルートを追加する必要があるVPNの編集をクリックします。次に、IPV4設定で、[方法]を[自動VPN]に変更します。次に、ルートをクリックして、そこにルートを追加します(たとえば、ネットワーク192.168.1.0ネットマスク255.255.255.0ゲートウェイ192.168.1.20)。ここで、ゲートウェイは接続するVPNサーバーです。

1
psymeg

プライマリインターフェイスのデフォルトルートは? DHCPを使用している場合、これはデフォルトで実行する必要があります。静的に構成されたインターフェイスがある場合は、/etc/network/interfacesにスタンザを追加する必要があります。インターフェイスがeth0で、ネットワークが192.168.1.0/24であると仮定します:

# The primary network interface
auto eth0 

iface eth0 inet static
address 192.168.1.123
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.1.1

(明らかに、これらの数値はネットワークに合わせて調整されます。)

これを/etc/network/interfacesに追加して、それで終わりです。 デフォルトルートではない静的ルートが必要な場合、これは異なります。

0
jathanism