it-mure.jp.net

UI(またはユーザー)の観点から、アトミックアクションとは何ですか?

複数レベルのオブジェクトを含む多くのUIを作成しています。たとえば、注文書です。注文書には注文自体に関する情報がありますが、特定されていない数のラインアイテムも含まれており、特定の情報が含まれています。

この種のUIで私が抱えている問題の1つは、アトミックアクション(つまり、完全に成功するか、完全に失敗するだけのアクション)と見なすべきものです。変更の保存はそのようなアクションです。

各ラインアイテムがアトミックであることがわかり、WebインターフェイスでAjaxテクノロジーを使用して、ラインにフォーカスがなくなるとすぐに、変更された各ラインアイテムを保存します。これにより、応答時間が短縮されます。ただし、各行を独自のアトミックアクションとして保存します。

一方、注文全体のすべての変更を保存することは、アトミックアクションと見なすことができます。これは、ユーザーが行を変更してすべての変更をキャンセルできることを意味します。この瞬間、ドキュメント全体が保存されるか、何も保存されません。

このジレンマを解決するのに役立つユーザーインターフェイスや設計原則についての研究はありますか?

11
txwikinger

私は最近同様の問題に対処する必要がありました-個別に変更できる複数のデータエントリ(名前、説明、重要度など)を持つオブジェクトのプロファイルカードを表示しましたが、変更は有効になるまで有効になりません全体的に「保存」を押します。

私がそれをした方法は:

  • 各行を「ラベル」として表示、つまり読み取り専用
  • マウスオーバーで行を強調表示し、「編集」アイコンを表示します
  • 押すと、線が編集可能になります
  • フォーカスが失われると、その行は(新しい値で)もう一度だけ読み取られます
  • マウスオーバーすると、以前の値に戻る「元に戻す」アイコンが表示されます。
  • プロファイルカード全体に「保存」(変更が行われた場合にのみ表示される)があり、それまで何も保存されていないことが明確になります。

私はそれがユーザーに最も柔軟性を与え、非常に直感的だと思います...

お役に立てれば。

9
Dan Barak

多分あなたは複数のレベルのアトミックアクションを持つべきです。

各ラインアイテムを保存して、ユーザーの作業を保存することができます(本当に気を使いたい場合は、取り消しスタックを作成します)。ただし、ユーザーが[保存]をクリックするまで、注文は入力されません。

下書きを自動的に保存する電子メールクライアント(Webベースなど)を考えてみてください。

参照: マルチレベルの取り消し

3

関連するアイテムをグループ化する(ウィザードのような)複数のページを作成できます。次に、各ページをアトミックアクションにします。

たとえば、送信する前に、注文の製品を含む1つのページ、配送情報を含む1つのページ、請求の詳細を含む1つのページ、および1つの概要ページを用意します。

0