it-mure.jp.net

シェルスクリプトで選択メニューを作成するにはどうすればよいですか?

私は単純なbashスクリプトを作成していますが、次のような選択メニューを作成します。

$./script

echo "Choose your option:"

1) Option 1  
2) Option 2  
3) Option 3  
4) Quit  

そして、ユーザーの選択に応じて、さまざまなアクションを実行する必要があります。私はbash Shellスクリプティング初心者です。いくつかの答えをWebで検索しましたが、具体的なものは何もありませんでした。

129
#!/bin/bash
# Bash Menu Script Example

PS3='Please enter your choice: '
options=("Option 1" "Option 2" "Option 3" "Quit")
select opt in "${options[@]}"
do
    case $opt in
        "Option 1")
            echo "you chose choice 1"
            ;;
        "Option 2")
            echo "you chose choice 2"
            ;;
        "Option 3")
            echo "you chose choice $REPLY which is $opt"
            ;;
        "Quit")
            break
            ;;
        *) echo "invalid option $REPLY";;
    esac
done

breakループを終了する必要がある場所にselectステートメントを追加します。 breakが実行されない場合、selectステートメントがループし、メニューが再表示されます。

3番目のオプションでは、selectステートメントによって設定される変数を含めて、これらの値にアクセスできることを示しました。それを選択すると、出力されます:

you chose choice 3 which is Option 3

$REPLYには、プロンプトで入力した文字列が含まれていることがわかります。配列が1ベースであるかのように、配列${options[@]}へのインデックスとして使用されます。変数$optには、配列内のそのインデックスの文字列が含まれています。

選択肢は、次のようなselectステートメント内の単純なリストである可能性があることに注意してください。

select opt in foo bar baz 'multi Word choice'

ただし、選択肢の1つにスペースがあるため、このようなリストをスカラー変数に入れることはできません。

ファイルの中から選択する場合は、ファイルグロビングを使用することもできます。

select file in *.tar.gz
147

新しい回答自体ではありませんが、まだ受け入れられている回答がないため、selectとzenityの両方のコーディングのヒントとコツをいくつか示します。

title="Select example"
Prompt="Pick an option:"
options=("A" "B" "C")

echo "$title"
PS3="$Prompt "
select opt in "${options[@]}" "Quit"; do 

    case "$REPLY" in

    1 ) echo "You picked $opt which is option $REPLY";;
    2 ) echo "You picked $opt which is option $REPLY";;
    3 ) echo "You picked $opt which is option $REPLY";;

    $(( ${#options[@]}+1 )) ) echo "Goodbye!"; break;;
    *) echo "Invalid option. Try another one.";continue;;

    esac

done

while opt=$(zenity --title="$title" --text="$Prompt" --list \
                   --column="Options" "${options[@]}"); do

    case "$opt" in
    "${options[0]}" ) zenity --info --text="You picked $opt, option 1";;
    "${options[1]}" ) zenity --info --text="You picked $opt, option 2";;
    "${options[2]}" ) zenity --info --text="You picked $opt, option 3";;
    *) zenity --error --text="Invalid option. Try another one.";;
    esac

done

言及する価値があります:

  • どちらも、ユーザーが明示的に終了(または完全にキャンセル)を選択するまでループします。これは、対話型スクリプトメニューに適したアプローチです。選択項目を選択してアクションを実行した後、別の選択項目に対してメニューが再び表示されます。選択肢が1回限りである場合は、breakの後にesacを使用します(Zenityアプローチをさらに削減することもできます)

  • 両方のcaseは、値ベースではなくインデックスベースです。これはコーディングと保守が簡単だと思います

  • 配列は、zenityアプローチにも使用されます。

  • 「終了」オプションは、初期の元のオプションではありません。必要なときに「追加」されるため、アレイはクリーンなままです。とにかく、「Quit」は、Zenityには必要ありません。ユーザーは「Cancel」をクリックして(またはウィンドウを閉じて)終了できます。 両方がオプションの同じ、手つかずの配列を使用する方法に注意してください。

  • PS3およびREPLY変数はnotに名前を変更できます。 selectは、これらを使用するためにハードコードされています。スクリプト内の他のすべての変数(opt、options、Prompt、title)には、調整を行うことを条件に、任意の名前を付けることができます

56
MestreLion

dialog を使用すると、コマンドは次のようになります。

dialog --clear --backtitle "Backtitle here" --title "Title here" --menu "次のオプションのいずれかを選択します:" 15 40 4\
 1 "Option 1"\
 2 "オプション2"\
 3 "オプション3" 

enter image description here

スクリプトに入れる:

#!/bin/bash

HEIGHT=15
WIDTH=40
CHOICE_HEIGHT=4
BACKTITLE="Backtitle here"
TITLE="Title here"
MENU="Choose one of the following options:"

OPTIONS=(1 "Option 1"
         2 "Option 2"
         3 "Option 3")

CHOICE=$(dialog --clear \
                --backtitle "$BACKTITLE" \
                --title "$TITLE" \
                --menu "$MENU" \
                $HEIGHT $WIDTH $CHOICE_HEIGHT \
                "${OPTIONS[@]}" \
                2>&1 >/dev/tty)

clear
case $CHOICE in
        1)
            echo "You chose Option 1"
            ;;
        2)
            echo "You chose Option 2"
            ;;
        3)
            echo "You chose Option 3"
            ;;
esac
54
Alaa Ali

このシンプルなスクリプトを使用してオプションを作成できます

#!/ bin/bash 
 echo "操作の選択************" 
 echo "1)操作1" 
 echo "2)操作2 "
 echo" 3)操作3 "
 echo" 4)操作4 " 
read n case $ n in 1)echo "オプション1を選択しました" ;; 2)echo "オプション2を選択しました" ;; 3)echo "オプション3を選択しました" ;; 4)echo "オプション4を選択しました" ;; *)echo "無効なオプション" ;; esac
14
jibin

これらの答えを組み合わせたオプションがもう1つありますが、ニースになるのは、キーを1つ押すだけで、読み取りの-nオプションのおかげでスクリプトが続行することです。この例では、変数としてANSを使用して、シャットダウン、再起動、または単純にスクリプトを終了するようプロンプトが表示され、ユーザーはE、R、またはSを押すだけです。を押すと、スクリプトが終了します。

read -n 1 -p "Would you like to exit, reboot, or shutdown? (E/r/s) " ans;

case $ans in
    r|R)
        Sudo reboot;;
    s|S)
        Sudo poweroff;;
    *)
        exit;;
esac
8
HarlemSquirrel

これはUbuntuを対象としているため、使用するように設定されたバックエンドdebconfを使用する必要があります。 debconfバックエンドは次の方法で確認できます。

Sudo -s "echo get debconf/frontend | debconf-communicate"

「ダイアログ」と表示されている場合は、whiptailまたはdialogを使用している可能性があります。 Lucidでは、whiptailです。

それが失敗した場合は、デニスウィリアムソンが説明したように、bash "select"を使用します。

7
Li Lo
#!/ bin/sh 
 show_menu(){
 normal = `echo"\033 [m "` 
 menu = `echo"\033 [36m "` #Blue 
 number = `echo"\033 [33m "` #yellow 
 bgred = `echo"\033 [41m "` 
 fgred = `echo"\033 [31m "` 
 printf "\ n $ {menu} ***************************************** ******* $ {normal}\n "
 printf" $ {menu} ** $ {number} 1)$ {menu}ドロップボックス$ {normal}\n "[.____をマウントします。 ] printf "$ {menu} ** $ {number} 2)$ {menu} USB 500ギグドライブをマウント$ {normal}\n" 
 printf "$ {menu} ** $ {number} 3) $ {menu} Apacheを再起動します$ {normal}\n "
 printf" $ {menu} ** $ {number} 4)$ {menu} ssh Frost Tomcat Server $ {normal}\n "
 printf "$ {menu} ** $ {number} 5)$ {menu}他のいくつかのコマンド$ {normal}\n" 
 printf "$ {menu} ********* ************************************ $ {normal}\n "
 printf"メニューオプションを入力し、入力するか、$ {fgred} xを入力して終了します。$ {normal} "
 read opt 
} 
 
 option_picked(){
 msgcolor = `echo"\033 [01; 31m "`#赤の太字
 normal = `echo"\033 [00; 00m "`#normal white 
 message = $ {@:-"$ {normal}エラー:メッセージは渡されませんでした"} 
 printf "$ {msgcolor } $ {message} $ {normal}\n "
} 
 
 clear 
 show_menu 
 while [$ opt!= ''] 
 do 
 if [$ opt = '']; then 
 exit; 
 else 
 case $ opt in 
 1)clear; 
 option_picked "Option 1 Picked"; 
 printf "sudo mount/dev/sdh1/mnt/DropBox /; #The 3テラバイト"; 
 show_menu; 
 ;; 
 2)clear; 
 option_picked "オプション2 Picked "; 
 printf" Sudo mount/dev/sdi1/mnt/usbDrive; #The 500 gig drive "; 
 show_menu; 
 ;; 
 3) clear; 
 option_picked "Option 3 Picked"; 
 printf "Sudo service Apache2 restart"; 
 show_menu; 
 ;; 
 4)clear; 
 option_picked "Option 4 Picked"; 
 printf "ssh lmesser @ -p 2010"; 
 show_menu; 
 ;; 
 x)exit; 
 ;; 
\n)exit; 
 ;; 
 *)clear; 
 option_picked "オプションを選択メニュー "; 
 show_menu; 
 ;; 
 esac 
 fi 
 done
7
Alex Lucard

私はUbuntuに常に存在するZenityを使用しましたが、非常にうまく機能し、多くの機能を備えています。これは可能なメニューのスケッチです:

#! /bin/bash

selection=$(zenity --list "Option 1" "Option 2" "Option 3" --column="" --text="Text above column(s)" --title="My menu")

case "$selection" in
"Option 1")zenity --info --text="Do something here for No1";;
"Option 2")zenity --info --text="Do something here for No2";;
"Option 3")zenity --info --text="Do something here for No3";;
esac
6
LazyEchidna

バッシュファンシーメニュー

最初に試してから、詳細な説明については私のページにアクセスしてください...外部ライブラリやダイアログや禅のようなプログラムは必要ありません...

#/bin/bash
# by oToGamez
# www.pro-toolz.net

      E='echo -e';e='echo -en';trap "R;exit" 2
    ESC=$( $e "\e")
   TPUT(){ $e "\e[${1};${2}H";}
  CLEAR(){ $e "\ec";}
  CIVIS(){ $e "\e[?25l";}
   DRAW(){ $e "\e%@\e(0";}
  WRITE(){ $e "\e(B";}
   MARK(){ $e "\e[7m";}
 UNMARK(){ $e "\e[27m";}
      R(){ CLEAR ;stty sane;$e "\ec\e[37;44m\e[J";};
   HEAD(){ DRAW
           for each in $(seq 1 13);do
           $E "   x                                          x"
           done
           WRITE;MARK;TPUT 1 5
           $E "BASH SELECTION MENU                       ";UNMARK;}
           i=0; CLEAR; CIVIS;NULL=/dev/null
   FOOT(){ MARK;TPUT 13 5
           printf "ENTER - SELECT,NEXT                       ";UNMARK;}
  ARROW(){ read -s -n3 key 2>/dev/null >&2
           if [[ $key = $ESC[A ]];then echo up;fi
           if [[ $key = $ESC[B ]];then echo dn;fi;}
     M0(){ TPUT  4 20; $e "Login info";}
     M1(){ TPUT  5 20; $e "Network";}
     M2(){ TPUT  6 20; $e "Disk";}
     M3(){ TPUT  7 20; $e "Routing";}
     M4(){ TPUT  8 20; $e "Time";}
     M5(){ TPUT  9 20; $e "ABOUT  ";}
     M6(){ TPUT 10 20; $e "EXIT   ";}
      LM=6
   MENU(){ for each in $(seq 0 $LM);do M${each};done;}
    POS(){ if [[ $cur == up ]];then ((i--));fi
           if [[ $cur == dn ]];then ((i++));fi
           if [[ $i -lt 0   ]];then i=$LM;fi
           if [[ $i -gt $LM ]];then i=0;fi;}
REFRESH(){ after=$((i+1)); before=$((i-1))
           if [[ $before -lt 0  ]];then before=$LM;fi
           if [[ $after -gt $LM ]];then after=0;fi
           if [[ $j -lt $i      ]];then UNMARK;M$before;else UNMARK;M$after;fi
           if [[ $after -eq 0 ]] || [ $before -eq $LM ];then
           UNMARK; M$before; M$after;fi;j=$i;UNMARK;M$before;M$after;}
   INIT(){ R;HEAD;FOOT;MENU;}
     SC(){ REFRESH;MARK;$S;$b;cur=`ARROW`;}
     ES(){ MARK;$e "ENTER = main menu ";$b;read;INIT;};INIT
  while [[ "$O" != " " ]]; do case $i in
        0) S=M0;SC;if [[ $cur == "" ]];then R;$e "\n$(w        )\n";ES;fi;;
        1) S=M1;SC;if [[ $cur == "" ]];then R;$e "\n$(ifconfig )\n";ES;fi;;
        2) S=M2;SC;if [[ $cur == "" ]];then R;$e "\n$(df -h    )\n";ES;fi;;
        3) S=M3;SC;if [[ $cur == "" ]];then R;$e "\n$(route -n )\n";ES;fi;;
        4) S=M4;SC;if [[ $cur == "" ]];then R;$e "\n$(date     )\n";ES;fi;;
        5) S=M5;SC;if [[ $cur == "" ]];then R;$e "\n$($e by oTo)\n";ES;fi;;
        6) S=M6;SC;if [[ $cur == "" ]];then R;exit 0;fi;;
 esac;POS;done
5
user360154

serverfault answeredには既に同じ質問があります。そこでの解決策は whiptail を使用します。

2
txwikinger