it-mure.jp.net

起動時に「S to Skip」メッセージを回避するにはどうすればよいですか?

ラップトップをkarmicからlucidにアップグレードした後、fat32パーティションが自動的にマウントされません。私はメッセージを受け取ります:

The disk drive for /osshare is not ready yet or not present
Continue to wait; or Press S to skip mounting or M for manual recovery

おもしろいことに、スキップすると、/osshare/がログイン後にマウントされます。

私のデスクトップにも同様のセットアップがあり、うまく機能しています。デスクトップ上のFstab:

UUID=4663-6853  /osshare        vfat    utf8,umask=007,gid=46 0       1

ラップトップの/etc/fstab

UUID=1234-5678 /osshare vfat utf8,auto,rw,user 0 0 
61
Marty

オプションnobootwait/etc/fstabに追加する必要があります。次のようになります。

UUID=1234-5678 /osshare vfat utf8,auto,rw,user,nobootwait 0 0 

fstab(5)から:

ブート中にファイルシステムをマウントするmountall(8)プログラムは、通常のmount(8)ツールが認識しない追加オプションも認識します。 bootwaitは、/usrまたは/varの外部にマウントされたリモートファイルシステムに適用できます。これがないと、mountall(8)はこれらのブートを遅らせません。 nobootwaitは、リモート以外のファイルシステムに適用して、mountall(8)のブートを保留しないように明示的に指示できます。

78
qbi

/etc/fstabマウントの別のオプションは、 "bg"オプションであるように見えます。これは、nfsマウントをバックグラウンドにするだけでなく、ブート完了後に一定の間隔で再試行を試みます。したがって、nfsサーバーがオンラインに戻ると、マウントは最終的にオンラインに戻ります。

10
Trevor

余分なドライブが起動を台無しにしているため、fstabテーブルを編集する必要があるかもしれませんが、次のことを試してください。

  1. Alt+F2
  2. gksudo nautilusと入力し、実行ボタンを押します
  3. /etc/fstabに移動します
  4. ファイルを開き、起動している追加のドライブを編集します
  5. 完了したらファイルを保存して閉じます
  6. マシンを再起動

これにより、追加のドライブが起動プロセスを中断しないようにする必要があります。

6
Victor9098

オプションをautoからnoautoに変更する必要があると思います

0
Marco Ceppi