it-mure.jp.net

コマンドの引用

Linuxの使い方を何年にもわたって学んだので、次のように、先頭にアクサングラーブ( `)とそれに続く一重引用符( ')を付けてコマンドを引用するイディオムに繰り返し遭遇しました。

`rm -rf/tmp/foo/bar '

(私は、jwzのサイトでこれを見続けていることに最初に気づきました。私は彼にこの質問をしたかもしれませんが、それはかなり前のことでした。)

このスタイルの引用コマンドには意味がありますか?私は今、自分でそれを行っているので、人々が私が投稿したものをコピーして貼り付けるだけで、マークを省略するのに十分な知識がない場合、コマンドは失敗します。

Mysql -hlocalhost -u -p -Bigdatabaseのようなコマンドを、上記のように独自の段落でオフセットせずに、テキストの実行で明白にするための好ましい方法はありますか?

5
David Krider

私は実際にあなたが広まっている現象としてあなたが話していることを正確に目撃していませんが、可能性の高い順に3つの仮説を考えることができます。

  1. Bashおよび同様のシェル/スクリプト言語では、バッククォートを次の目的で使用できます コマンド置換 ;人々はそれを参照しているかもしれません。 (ただし、ここでは両側にバックティックがあります。)

  2. マークダウン構文では、ここでもStack Exchangeサイトに適用でき、バックティックは等幅/タイプライターフォントで物事を配置するために使用されます:like this。これは通常、何かが短いコードまたは何かであることを示すために使用されます。コマンドラインインターフェイスに入ります。 (ただし、ここでも、両側にバックティックがあります。)

  3. Linuxers/Unixrsによって不均衡に使用される可能性が高いLaTeXマークアップでは、バッククォートが左引用符および右引用符の単一引用符として使用されるため、タイプセットすると「this」が「this」になります。おそらくこれが、これがlinux/Unixersの間で一般的な方法である理由です。

他にも説明があるのではないかと思いますが、個人的にはあまり目撃していません。

6
frabjous

優れたタイポグラフィでは、開始引用符と終了引用符のグリフが異なる(そして対称的である)必要があります。一部の古いコンピューターフォント(Sunコンソールなど)では、バッククォートおよびアポストロフィに左引用符と右引用符のグリフが提供されていました。 文字;現代のフォントは、代わりにアクサングラーブ垂直一重引用符を表示する傾向があります。 Unicodeは、左引用符と右引用符に別々の文字を提供するようになりました。

関係するすべての文字のUnicodeコードポイントとバッククォート+アポストロフィ規則の履歴を含む完全なストーリーは、次の場所で読むことができます。 http://www.cl.cam.ac.uk/~mgk25/ucs/ quotes.html

バッククォートとアポストロフィの使用が視覚的に意味があるかどうかは、フォントがすべてです。 TeX/LaTeX フォントは、バッククォートとアポストロフィを左引用と右引用のグリフとして実際に解釈します。引用にバッククォート+アポストロフィを使用することは、(ASCII形式の)EmacsおよびTeXinfoのドキュメントでは今でも一般的です。

私は個人的に、引用の習慣を文脈に非常に適応させる傾向があります。

  • マークアップ言語を使用する場合(たとえば、ここSEサイトでのマークダウン)、等幅フォントには任意のマークアップ構文を使用します。

  • プレーンASCIIテキストを書くとき、バックティックはシェルにとって特別な意味を持ち、コマンドスニペットを囲むために一重引用符または二重引用符を使用するため、バックティックの使用を避ける傾向があります(両側で同じ引用文字) 。)

  • laTeXまたはEmacsのドキュメントを作成するときは、バッククォートとアポストロフィの規則を使用します。

7
Riccardo Murri

あなたが見ているのはただの「正しい」タイポグラフィだと思います。 smartypants など、プレーンテキストの句読点をHTMLエンティティに自動的に変換するソフトウェアがあります。

0