it-mure.jp.net

永続的な「エイリアス」を作成する方法は?

たとえば、エイリアスを作成する場合:

alias cls="clear"

Terminallセッションを終了するまで存在します。新しいターミナルウィンドウを起動すると、エイリアスはもう存在しません。すべてのターミナルセッションに存在する「永続的な」エイリアスを作成する方法

186
Zango

そのようなエイリアスを~/.bash_aliasesファイルに配置できます。

そのファイルは~/.bashrcによってロードされます。 Ubuntu 10.04では、~/.bash_aliasesの使用を有効にするには、次の行のコメントを解除する必要があります。 Ubuntu 11.04以降では、すでに有効になっています。

if [ -f ~/.bash_aliases ]; then
    . ~/.bash_aliases
fi

エイリアスコマンドは、新しい端末で使用できます。既存の端末でエイリアスコマンドを使用するには、その端末から~/.bashrcを取得する必要があります。

source ~/.bashrc
204
PHP Guru

リモートログインの場合は、~/.bashrcまたは~/.profile/~/.bash_profileに行を追加します。

すべてのユーザーに対してコマンドを実行する場合は、/etc/bash.bashrcに入れてください。

編集: Ubuntuの最新バージョンでは、~/.bashrcが自動的に~/.bash_aliasesをソースするため、代わりに永続的なエイリアスをこのファイルに配置するのが最適です。

36
txwikinger

以下の関数を.bashrcファイルに追加できます。

function permalias () 
{ 
  alias "$*";
  echo alias "$*" >> ~/.bash_aliases
}

次に、新しいターミナルを開くか、現在のターミナルでsource ~/.bashrcを実行します。 permaliasコマンドを使用して、たとえばpermalias cls=clearなどの永続的なエイリアスを作成できるようになりました。

19
Tolli

~/.bash_profileの最後の行にそのコマンドを貼り付けます

4
popey

~/.bash_profile~/.bashrcの違いについては、 http://www.joshstaiger.org/archives/2005/07/bash_profile_vs.html を参照してください

~/.bashrcは新しいターミナルを開くたびに実行されますが、~/.bash_profileは実行されません。 ~/.bashrcには以下が含まれ、~/.bash_aliasesファイルが含まれます。これは、エイリアスを追加するのに最適な場所です。

# Alias definitions.
# You may want to put all your additions into a separate file like
# ~/.bash_aliases, instead of adding them here directly.
# See /usr/share/doc/bash-doc/examples in the bash-doc package.

if [ -f ~/.bash_aliases ]; then
    . ~/.bash_aliases
fi
4
Mat