it-mure.jp.net

Ubuntu Foundationは何をしますか?

なんらかの緊急基金かと聞きました。

11
akshatj

から http://en.wikipedia.org/wiki/Ubuntu_Foundation

Ubuntu Foundationは、Mark ShuttleworthとCanonical Ltd.が設立した目的信託であり、Canonical Ltdの商業活動とは関係なく、Ubuntu Linuxディストリビューションの長期的なメンテナンスを保証します。当初の資金提供は1,000万ドルで、現在の諮問委員会はCanonical Ltd.の創設者であり、Ubuntu Community CouncilとUbuntu Technical Boardの代表であるMark Shuttleworth会長。[1]

当初、Ubuntu FoundationはUbuntuコミュニティのコアメンバーを採用すると発表されました[2]2008年現在、Foundationは休止しています。 Mark Shuttleworthは、UbuntuプロジェクトへのCanonicalの関与が終了した場合の「緊急基金」と説明しています。

11
Mir Nazim

商業的にサポートされているオペレーティングシステムとして受け入れられるために、LTS(長期サポート)リリースがデスクトップで3年間、サーバーで5年間サポートされることが約束されました。

企業は、Canonicalが提供するUbuntuの背後にあるサポートが消えることはないことを知る必要がありました。

最初のLTSリリースは2006年の6.06 Dapper Drakeでしたが、当時、Canonicalがこのサポートのコミットメントを約束できるかどうかは疑問でした。

彼らは5年後にも存在するでしょうか?

Mark Shuttleworthは彼の口に彼のお金を置き、UbuntuコミュニティのメンバーをUbuntu Foundationとして雇うために1000万ドルを投入しました。

それ以来何が起こったのかはわかりませんが、この公の約束により、LTSリリースの実行可能性の疑いを脇に置き、Ubuntuの採用を助けました。

DistroWatchはこのことについて当時議論していました

5