it-mure.jp.net

ページ階層からカスタムフィールドデータを取得する

このような階層のページでサイトを設定したとします。

-Home
-Cars 
 -Volvo 850 
  -Volvo 850 tech spec 
  -Volvo 850 pictures
 -Porsche 911 
  -Porsche 911 tech spec
  -Porsche 911 pictures
 -other cars etc

今、あなたは私がたくさんの車を持っていることがわかります。各自動車のページ(Volvo 850、Porsche 911)には、自動車に関するさまざまなデータを入力したカスタムフィールドがいくつかあります(ところで、 カスタムフィールドテンプレートプラグインを使用しています)。 wp-adminでこのデータの入力を簡単にするために)。これらのフィールドはページに表示されます。 (フィールドは技術仕様および写真ページには入力されていません)

私がしたいのは、ホームページ(下)に自動車のリストを表示することです。これはカスタムフィールドからデータを取得します。 (a)このカスタムフィールドデータにアクセスし(新しい車が追加または編集されたときに変更される可能性があります)、(b)特定の順序でデータを表示する(たとえば最高速度による)最も良い方法は何でしょうか。

---------------------------------------
|   Car              |   Top Speed    |
---------------------------------------
| Porsche 911        |   200          |
| Audi 444           |   180          |
| Volvo 840          |   160          |
---------------------------------------

疑似コードは

* find all pages which are an immediate descendant of the Cars page (not the tech spec and pictures)
* get the custom data from these pages
* display data in Top Speed order
1
cannyboy

これはあなたが始めることを可能にするかもしれません(これは私が値1倍値2をするので見ることができるようにサイズのためです)(より高度な問い合わせの例を与えるために)

 global $edl_global_join;
 global $edl_global_orderby;
 global $wp_query;

 function edl_posts_join ($join) {
   global $edl_global_join;
   if ($edl_global_join) $join .= " $edl_global_join";
   return $join;
 }

 function edl_posts_orderby ($orderby) {
  global $edl_global_orderby;
  if ($edl_global_orderby) $orderby = $edl_global_orderby;
  return $orderby;
 }

 add_filter('posts_join','edl_posts_join');
 add_filter('posts_orderby','edl_posts_orderby');

 $edl_global_join = 
 "JOIN $wpdb->postmeta meta1 ON (meta1.post_id = $wpdb->posts.ID AND meta1.meta_key = 'TOPSPEED')" .
 "JOIN $wpdb->postmeta meta2 ON (meta2.post_id = $wpdb->posts.ID AND meta2.meta_key = 'ANOTHER_THING')";
 $edl_global_orderby = " meta1.meta_value * meta2.meta_value DESC";

 $wp_query = new WP_Query($args);

それから私が書いた「CARクラス」というループを実行するだけで、とりわけ以下のようなメタフィールドを表示します。

 $car->display_meta_size();

これは実際にはそのクラスの以下のメソッドです。

    //
// specific display for size overviews
//
function display_meta_size()
{
    $this->mMetaData->GetValuesFromWP();
    ?>
    <table width="100%">
    <?php   
    $this->mMetaData->ShowIcon();
    $this->mMetaData->ShowSize();
    ?>
    </table>
    <?php
} 

getValuesFromWP()メソッドは、wpメタデータクラスのものです。

// get the values stored in WordPress
function GetValuesFromWP() {
    global $post;
    $custom = get_post_custom($post->ID);

    foreach ($this->mArrMetaDataFields as $str_meta_data_field)
    {
        $this->MetaDataWpValues[$str_meta_data_field] = 
                    $custom[$str_meta_data_field][0];
    }
    $this->MetaDataWpValues['SPECIAL'] = $custom['SPECIAL'][0];
}

(つまり、結合関数の上にページ選択を追加します)

1
edelwater