it-mure.jp.net

noatimeでExt4を調整する価値はありますか?

Ubuntuの以前のバージョン(Ext3ファイルシステムを使用)では、/etc/fstabnoatimeパラメーターを設定することで、顕著な結果を伴うパフォーマンス向上のためにチューニングしていました。

Ubuntuで現在デフォルトになっているExt4ファイルシステムでそれを行う価値はありますか?その場合、手順は何らかの形で変更されましたか?

この調整の例は here。 にあります。

77
Decio Lira

Ubuntu 10.04では、/etc/fstabで上書きされない限り、relatimeはデフォルトのマウントオプションの一部です。以前のいくつかのリリースでは、relatime/etc/fstabに明示的に含まれていました。 relatimeは、noatimeと同じ速度(およびフラッシュ書き込みサイクルの保存)の利点を提供しますが、昔ながらのメール通知機能に問題を引き起こすことはありません。

あなたが引用する記事はdata=writebackを推奨しています。 Ubuntuのデフォルトはdata=orderedです。 Ubuntuの設定は、ディスクの負荷が大きい場合は遅くなりますが、クラッシュや停電の場合のデータ損失のリスクは大幅に低くなります。したがって、Ubuntuのデフォルトから変更することはお勧めしません。

commit=5commit=100に変更すると、クラッシュの場合にデータが失われる時間枠が長くなり、ほとんどの状況でほとんどメリットがありません。

要約:設定はそのままにしてください。それらは理由のために選択されました。


ADDED:マウントオプション以外にも、違いをもたらすものがあります。 ext3からext4への切り替え自体は、多くの場合目に見える改善です。ラップトップユーザー向けのヒントをいくつか紹介します。

  • SSDが遅い場合は、 SUのこのスレッド を確認してください。重要なヒントはtmpfs/tmpに使用し、ブラウザのキャッシュ(およびおそらく履歴)に使用することです。

  • ハードディスクがあり、長時間スピンを停止したい場合は、 noflushd をインストールします。これにより、RAMまですべての書き込みを遅らせることでディスクをスピンダウンできます。一杯。 (もちろん、読み取りによりディスクがスピンアップする可能性があります。ディスクがスピンダウンする前にcat /files/I/m/likely/to/need >/dev/nullを実行する習慣にしたいと思うでしょう。)noflushdを有効にするには、すべてのスワップとマウントをオフにします。 commit=3600のようなファイルシステム。

    Noflushdを効果的に使用するということは、データが長時間ディスクに書き込まれないままになることを意味します。これはリスクであり、しばらくの間ディスクからノイズや熱が出ないという利点と比較検討する必要があります。そのリスクに不安がある場合は、noflushdを使用しないでください。

66
Gilles

はい、Ubuntu 12.10の時点でnoatimeを使用することは依然として意味があります。

relatimeはデフォルトのマウントオプションです。 relatimeatimeよりもはるかに優れています。前者は書き込み後の最初の読み取りに書き込みが必要で、後者は読み取りごとに書き込みが必要です。ただし、noatimeを使用すると、読み取りごとに書き込みが発生しません。

これは、基本的に、relatimeマウントのディスクへの書き込み回数が、noatimeマウントと同等の場合の2倍に近いことを意味します。これは、フラッシュメモリデバイスのパーティションにとって重大な懸念事項です。

Linuxカーネルコミュニティによる詳細な議論は http://kerneltrap.org/node/14148 にあります。

17
yanychar