it-mure.jp.net

アイテムを複数のカテゴリのセットにグループ化する

ユーザーが3つの事前定義されたグループの1つに配置する必要があるアイテムのリストがあります。これを行う効率的な方法を探しています。 2から〜100のアイテムが存在する可能性がありますが、グループは静的です(合計3)。画像をアップロードできませんでしたが、詳しく説明できるかどうかお知らせください。

何かご意見は?

1
sklein

エキスパートユーザーが(Shiftキーを押しながらクリックするなどして)アイテムの連続したブロックを簡単に作成して一度に分類できるように、さまざまな関連(および表示)属性でアイテムの並べ替えをサポートすることを最初に検討する必要があります。

いずれの場合も、2つの基本的なオプションがあります。

ラジオボタン

2から100のアイテムをスクロールテーブルに表示し、各アイテムの3つのラジオボタンでカテゴリを選択できます。ワンクリックでカテゴリを選択すると、ドラッグアンドドロップや選択とコマンドボタンよりも単一のアイテムの方が効率的です。また、最もコンパクトなプレゼンテーションにもなります。ラジオボタンを使用して、デフォルトの選択をすることもできます。これは、すべてのアイテムが確実にカテゴリ(任意のカテゴリ)になるようにする必要がある場合に適しています。そうでない場合は、[カテゴリなし]の4番目のラジオボタンを使用して、ユーザーがいつでもアイテムを分類解除できるようにすることができます。

ユーザーは、ラジオボタングループで並べ替え(グループの列ヘッダーをクリックするなど)して、同じカテゴリにあるすべてのアイテムを表示できるようにする必要があります。

同じカテゴリに入るアイテムの連続したブロックがある場合は、ユーザーが選択したブロックのすべてのアイテムを同じカテゴリに設定できるようにするコンテキストメニューとともにプルダウンメニューも検討してください。あるいは、これをサポートするために multi-attribute copy-and-paste を検討することもできます。

複数のリストボックス

カテゴリごとに個別のテーブルまたはリストボックスを作成し、ユーザーがコマンドボタンを使用してアイテムをカテゴリに移動することができます。ドラッグアンドドロップも分類(および再分類)でサポートされている可能性がありますが、その発見性が低いため、専門家のショートカットと見なす必要があります。

複数のリストボックスを検討する必要があるのは、アイテムの一部のみが任意のカテゴリ([宛先]および[CC]フィールドのアドレス帳から電子メールアドレスを選択するなど)になる場合のみです。この状況では、ユーザーが分類する必要があるすべてを分類したかどうかを簡単に確認できます。ただし、ユーザーにはすべての項目を分類する必要があるため、ラジオボタンオプションを使用したほうがよいと思われます。

一般に、同じリストボックスを再利用するのではなく、カテゴリごとに個別のリストボックスを用意する必要があります。再利用すると、リストボックスの現在のカテゴリ設定に気付かないときからユーザーエラーが発生する可能性が高くなります。また、効率と柔軟性が低下し、ユーザーに現在のカテゴリを頻繁に変更(クリックしてクリック)させるか、ワークフローを調整して1つのカテゴリを入力してから、他のカテゴリを入力するように切り替えます。最後に、3つの個別のリストは、すべてのカテゴリのアイテムを一目で追跡するのに最も簡単です。これは、個別のリストボックスを持つことの要点です。

0

ドラッグアンドドロップのオプションがあり、複数選択が可能であれば、それが効率的な方法だと思います。ユーザーは、移動したいアイテムをクリックして、目的のグループにドラッグするだけです。

1
Pablo

ユーザーが各アイテムを個別に選択/分類することを避ける必要があると思います。 〜100の要素リストで複数選択を行うことも問題を引き起こします(36項目をCtrlキーを押しながらクリックして、キーを押したまま37番目をクリックすると想像してください...)

これらのアイテムをフィルタリングしたり、並べ替えたりして、表示されているアイテムを操作できる方法はありますか?または、少なくともそれらを簡単に選択して、あまりにも多くのクリックを回避しますか?

分類した後でも、これらすべてのアイテムを1つのリストに保持していますか?多分あなたはそれらを邪魔にならないように移動することができます(別のリストで、それらを非表示にし、それらを下にソートし、サブフォルダーに移動します...)。

0
Peter Frings

これはおそらく、Pabloが言及しているように、ドラッグアンドドロップがマルチセレクションとともに本当に優れている例です。

もう1つの可能性は、左側にある未分類のアイテムと右側にあるカテゴリの一部を表す2つの隣接するリストボックスを作成することです。さらに、ドロップダウンボックスまたは同様のものを使用して、右側のリストボックスで表されるアクティブなカテゴリを指定できます。 Microsoft Windows 7 UXガイドでは、これは リストビルダー と呼ばれています。

enter image description here

0
jpierson