it-mure.jp.net

キーボードキーの再マッピング

「fn」キーでキーボードを使用しています。これはラップトップ上にあります。

したがって、FN +上/下/左/右キーは輝度/音量にマッピングされます。私はむしろ、それらをページのアップ/ダウン、ホーム/エンドにマウントします。そして、他の4つのキーをこれら2にマップします。ページアップ/ダウンには、ホーム/エンド用にFN +があります。そのくだらないキーボードレイアウトですが、私はそれを動作させたいです。

キーコードが何であるかを理解する方法と、それらを再マップする方法を知っていますか?

バージョン:10.04 x32

そのため、ここにいくつかの実験があります:

Xmodmap -pkeを使用して、キーコード122 = vol down、123 = vol upであることを発見しました。そして、Home/End/Page Up(次)、Page Down(前)のすべての情報を取得しました。

Vol upキーを使用する場合、xevが検出できるイベントは発生しません。

ボリュームキーをXF86AudioLowerVolumeまたはXF86AudioRaiseVolumeに再マッピングできますが、これら2つをHome/Endに(それぞれ)マッピングすると、何も実行されません。 xevは、リマップ後もこれらのイベントをピックアップしません。

再マッピング:xmodmap -e "keycode 122 = Home"

11
Dmitriy Likhten

いくつかのラップトップ Fn キーの組み合わせはマルチメディアキー(非標準コードの通常のキーとしてOSに表示される)で、ACPIイベントをトリガーして最終的にOSに到達するものもあります。一部はBIOSによって処理され、OSには表示されません。情報パスは、Ubuntu wikiの Hotkeys/Architecture ページで説明されており、図が含まれています。

KeyTouch プログラムは、OSに表示されるすべてのものを処理する必要があり、モデルを説明し、キーの動作を設定するための使いやすいGUIを備えています(keytouch-editorパッケージとkeytouchをインストールします) 。

輝度キーを押してもOSが何も見えない場合は、BIOSによって直接処理されている可能性があります。戦いは完全に失われたわけではありません-原則としてBIOSをハッキングすることは可能ですが-難易度はかなり上がります。

8
Gilles

必要なことを行う xev というプログラムがあります。設定のチュートリアルが気に入った。

0
myusuf3