it-mure.jp.net

ネットワーク経由の一般的なデスクトップログイン(AD for Windowsなど)

オフィスでWindowsを使用する理由の1つはActive Directoryです。新しいワークステーションを立ち上げ、新規または既存のユーザーログインをして作業を行うのは簡単です。すべてのアプリケーションがインストールされると、ユーザーは任意のワークステーションにログインして、すべてのドキュメントと設定を利用できるようになります。

Ubuntuでこれを行う方法はありますか?

確かに、ファイルを同期するUbuntu Oneのような同期プログラム(そしてできれば最終的には設定)がありますが、私が認識している限り、ユーザーがログオンしたい各ワークステーションで、ユーザーアカウントが既に設定されている必要があります。また、ユーザーがパスワードを変更する場合は常に、ユーザーがログインする各マシンでパスワードを変更する必要があります。

これがサーバーにも適用されると、ユーザーがサーバーにSSHで接続し、デスクトップ上のホームディレクトリと同じファイルを使用できるので便利です。

この種の機能は現在Ubuntuに存在しますか?

5
Stephen RC

OpenLDAP を認証に、 nfsautomount と組み合わせて使用​​して、ホームディレクトリをデスクトップにマウントできます。

もう1つの可能性は、 LTSPサーバー プロジェクトを使用して、サーバーからすべてのアプリケーションを実行し、シンクライアントのみを実行することです。どのソリューションが最適かは、特定の要件によって異なります。

2
txwikinger

Ubuntuには Likewise client もあり、これはlikeActive Directoryだけではなく、is Active Directoryクライアント。UbuntuでWindowsドメインログインを使用できます。

1
Jason Scheirer

OpenLDAPまたはFedora Directory Servicesは、探しているものを提供します。 FDSは、デフォルトのiircでニースインターフェイスを提供します。ただし、これはLinux、* BSD、およびOSXシステムではうまく機能します。私の知る限り、Windowsシステムはデフォルトでは(つまり、ソフトウェアを追加せずに)OpenLDAPに対して認証しないため、混合環境の場合、基本的に2つのサーバーを実行する必要があります。 openldap/fdsをADと同期させることは可能だと思いますが、試したことはありません。

同様に、クライアントはADに対して直接認証を行いますが、ADは実際にはWindowsにのみ関係しているため、おそらくopenldap/fdsで得られる機能の一部を犠牲にすることになります。 YMMV。

0
user543