it-mure.jp.net

マルチサイトワードプレスを設定するには?

ユーザーが自分のWebサイトのアカウントを作成できるマルチサイトのWordPressを構築したいのですが、どうすればこれを達成できるかわかりません。 WordPressマルチサイトを作成するための最良の方法は何ですか?

3
MsManiya

おそらく既に知っているように。 WordPress MUプロジェクトがWordPress 3.0コアにマージされたため、WordPress 3.0 Multi-Site機能がデフォルトで含まれています。

初期設定に関しては、PHPのコーディングに慣れていない場合は少し手間がかかるかもしれませんが、一度設定すれば基本的にうまくいくということがわかります。ルートドメインからサブドメインを実際に提供または追加できるプロセスは、ユーザーが完了するまでに30秒もかかりません。

これに関して具体的に何かを探している場合、またはフォローアップの質問がある場合はお知らせください。

更新しました:

始める前に-管理者の要件

ブログのネットワークを運営する場合は、少なくともUNIX/Linux管理の基本的な知識が必要です。 WordPress開発、PHP、HTML、CSSの基本的な知識もお勧めします。

セットアップと実行マルチサイトインストールはシングルサイトインストールよりも複雑です。このページを読むと、マルチサイトインストールが本当に必要かどうか、および作成に何が関係するかを判断するのに役立ちます。このページの指示が意味をなさない場合は、実際のサイトではなく、最初に開発サイトでテストしてください。サーバー要件

この機能には追加のサーバー設定とより技術的な能力が必要なので、ウェブホストに確認して、この機能の使用をサポートしているかどうか尋ねてください。共有ホスティングでこれを試すことはお勧めしません。

ステップ4:ネットワークのインストールで、サブドメインまたはサブディレクトリの選択が与えられます。これは、ネットワーク内の各追加サイトが新しい仮想サブドメインまたはサブディレクトリとして作成されることを意味します。

  • サブディレクトリ-example.com/site1example.com/site2など
  • サブドメイン-site1.example.comsite2.example.comなど

サブディレクトリサイト

  • リンク構造を作成する.htaccessファイルを読み取る機能を備えたサーバーでmod_rewrite機能を使用すると機能します。
  • すでにブログでかなりパーマリンクを使用している場合、サブディレクトリサイトも同様に機能します。

サブドメインサイト

  • ワイルドカードサブドメインを使用して機能します。 Apacheでこれを有効にし、DNSレコードにワイルドカードサブドメインを追加する必要があります。 (ステップ2のセットアップ方法を参照してください。)
  • 一部のホストは、サーバー側ですでにワイルドカードを設定しています。つまり、追加する必要があるのはDNSレコードだけです。
  • 一部の共有Webホストはこれをサポートしていない可能性があるため、この機能を有効にする前にWebホストを確認する必要があります。

WordPressの設定要件

  • WordPress独自のディレクトリを指定しても、マルチサイトが有効になっているWordPress 3.0では機能しません。メンバーのブログ検索を妨害します。
    • 次の場合、ネットワークを作成できません。
      • 「WordPressアドレス(URL)」は「サイトアドレス(URL)」とは異なります。
      • 「WordPressアドレス(URL)」は、「:80」、「:443」以外のポート番号を使用します。
    • 次の場合、サブドメインインストールを選択できません。
      • WordPressインストールはディレクトリにあります(ドキュメントルートではありません)。
      • 「WordPressアドレス(URL)」はlocalhostです。
      • 「WordPressアドレス(URL)」は、127.0.0.1などのIPアドレスです。
    • 次の場合、サブディレクトリインストールを選択できません。
      • 既存のパーマリンクの問題により、既存のWordPressインストールが1か月以上セットアップされている場合。 (この問題は将来のバージョンで修正される予定です。)

(詳細については、/wp-admin/network.phpをご覧ください)

ステップ1:WordPressをバックアップする

ネットワークを作成すると、WordPressが更新されます。データベースとファイルをバックアップしてください。

ステップ2:ワイルドカードサブドメインを設定する

(これがサブディレクトリインストールの場合は、この手順をスキップします。)

サブドメインサイトは、ワイルドカードサブドメインを使用して機能します。これは2段階のプロセスです。

  1. Apacheは、ワイルドカードを受け入れるように構成する必要があります。

    1. WebアカウントのVHOSTエントリを含むhttpd.confファイルまたはインクルードファイルを開きます。
    2. 次の行を追加します:
      • ServerAlias *.example.com
  2. サーバーのDNSレコードに、メインインストールを指すワイルドカードサブドメインを追加します。次のようになります。

    • A *.example.com

外部リンク:

ステップ3:マルチサイトを許可する

[ネットワーク]メニュー項目を有効にするには、最初に/wp-config.php fileでマルチサイトを定義する必要があります。 /wp-config.phpを開き、次のように表示されます:

/* That's all, stop editing! Happy blogging. */

その上に次の行を追加します。

define('WP_ALLOW_MULTISITE', true);

ステップ4:ネットワークのインストール

これにより、[ネットワーク]メニュー項目が[ツール]メニューに表示されます。 Administration> Tools> Networkにアクセスして、ネットワークの特定の側面を設定する画面を表示します。ツールネットワークサブパネ​​ル

ネットワーク内のサイトのアドレス

サブドメインまたはサブディレクトリのいずれかを選択できます(上記のいずれにも該当しない場合)。これは、ネットワーク内の各追加サイトが新しい仮想サブドメインまたはサブディレクトリとして作成されることを意味します。どちらかを選択する必要があり、インストールを再構成しない限り、これを変更することはできません。 「始める前に」も参照してください。

  • サブドメイン-site1.example.comsite2.example.comなど
  • サブディレクトリ-example.com/site1example.com/site2など

ネットワークの詳細

これらは自動的に入力されます:

  • サーバーアドレス-ネットワークのインターネットアドレスはexample.comになります。
  • ネットワークタイトル-ネットワークに何を呼びたいですか?
  • 管理者のメールアドレス-メールアドレス。

それらが正しいことを再確認し、[インストール]ボタンをクリックします。ワイルドカードサブドメインに関する警告が表示される場合があります。ワイルドカードサブドメインの設定を確認します。

警告!ワイルドカードDNSが正しく構成されていない可能性があります!

インストーラーは、ドメイン上のランダムなホスト名(13cc09.example.com)に接続しようとしました。サブドメイン構成を使用するには、DNSにワイルドカードエントリが必要です。これは通常、DNS構成ツールでWebサーバーを指す* hostnameレコードを追加することを意味します。

サイトは引き続き使用できますが、作成したサブドメインにはアクセスできない場合があります。 DNSが正しいことがわかっている場合は、このメッセージを無視してください。

ステップ5:ネットワークを有効にする

残りの手順は、完了するために完了する必要がある手順です。

ツールネットワークが作成されました。

  1. まず、既存の/wp-config.phpおよび/.htaccessファイルをバックアップします

  2. blogs.dirの下に/wp-content/ディレクトリを作成-このディレクトリは、追加サイト用にアップロードされたメディアを保存するために使用され、Webサーバーによって書き込み可能である必要があります。これらはwp-contentディレクトリと同じようにCHOWNedおよびCHMODedする必要があります。

  3. WordPress]インストールで生成される余分な行を/wp-config.phpファイルに追加します。-これらの行は、設定に基づいて動的に生成されます。サイト管理パネルにログインしているときに、/wp-config.phpファイルを編集します。生成された行を/* That's all, stop editing! Happy blogging. */のすぐ上に貼り付けます。管理領域の[ネットワーク]メニューを削除する場合にのみ、以前に配置されたdefine('WP_ALLOW_MULTISITE', true);行を削除します。 /.htaccessルールに再度アクセスできるようにするには、これを残すこともできます。

  4. 生成されたmod_rewriteルールを/.htaccessファイルに追加し、他のWordPressルールを置き換えます。-これらの行は、設定に基づいて動的に生成されます。 (ない場合は、作成します。)

  5. 再度ログインします。-上記の手順が完了し、新しい/wp-config.phpおよび/.htaccessファイルが保存されると、ネットワークが有効になり、設定されます。再度ログインする必要があります。 「ログイン」をクリックして、管理パネルを更新します。再ログインに問題がある場合は、ブラウザのキャッシュとCookieをクリアしてください。

ステップ6:スーパー管理者の設定

これで、Super Adminという新しいメニューセクションが表示されます。そこに含まれるメニューは、ネットワーク内の追加サイトを追加および管理するためのものです。ベースWordPressインストールがネットワークのメインサイトになりました。

Super Admin> Optionsパネルに移動してネットワークオプションを構成し、サイトとユーザーを作成します。

知っておくべきこと

ブログネットワークの高度な管理について知っておく必要のある追加事項を次に示します。

  • WordPressプラグイン-WordPressプラグインは、ネットワーク全体での実装に応じて、柔軟性が向上しました。

  • サイト固有のプラグイン-WordPress個々のブログ所有者がアクティブ化または非アクティブ化するプラグインは、プラグインディレクトリに保存されます。 Network> Optionsから個々のサイト管理者のプラグインページを有効にする必要があります。

  • Network Plugins-WordPress pluginsディレクトリに保存されているプラ​​グインは、スーパー管理者がネットワーク全体でアクティブ化できます。

  • Must-Use Plugins-ネットワーク全体のすべてのサイトで使用されるプラグインは、単一ファイルまたはサブフォルダーを含めるファイルとしてmu-pluginsディレクトリーにインストールすることもできます。フォルダー内のファイルは読み込まれません。これらのファイルはアクティブ化または非アクティブ化されません。存在する場合は使用されます。

  • カテゴリとタグ-グローバル用語は、デフォルトでWordPress 3.0で無効になっています。サイト全体のタグWordPressプラグインまたは他の同様のプラグインを使用して、サイトのポータル/フロントページまたはネットワーク内の特定のページまたはブログにグローバルタグを組み込み、マイクロ分類されたコンテンツに基づくナビゲーションを増やすことができます。

5