it-mure.jp.net

どのプロセスが帯域幅を使い果たしているかを調べるにはどうすればよいですか?

私はここでバグの犠牲になっていると思います。時々、作業中(理由はまだわかりません)、ネットワークトラフィックは最大200 KB/sになり、そのままになります。インターネット関連のことは何もしていません。

これはCPU使用率で時々起こります。その場合は、topコマンドを実行して、どのプロセスが原因であるかを見つけ、killそれを実行します。問題は、どのプロセスが私の高いネットワーク使用量の原因であるかを知る方法がないことです。リソースモニタとtopコマンドの両方は、ネットワークの合計使用量のみを通知し、どちらも特定のネットワーク情報の処理を通知しません。

ここで総帯域幅使用量の監視に関する質問を見つけましたが、前述したように、それは私が必要とするものではありません。どのプロセスが手に負えなくなっているかを見つけるために使用できる別のコマンドはありますか?

コマンドiftopは、システムモニターによって報告された情報と完全に一致しない結果を提供します。後者は高いネットワークトラフィックがあると主張していますが、前者はわずか1 KB/sであると主張しています。

私はすでに運の悪いもの(Firefox、update-manager、Pidginなど)をすべて殺そうとしました。これまでのところ、マシンを再起動することが、この問題を取り除く唯一の方法です。

181
Malabarba

nethogs で多くの成功を収めました。ルートとして実行する必要がありますが、統計を並べ替えるにはさまざまな方法があります(nethogsが開始されてから監視されたKB/sや合計帯域幅など)。

また、ワイヤレスを使用する場合は、デバイスをワイヤレスに渡す必要があります。

コマンドでインストールします:Sudo apt-get install nethogs

例:Sudo nethogs wlan0

217
Ben

iftopを使用して、ほとんどのトラフィックを受信して​​いるマシンのTCPポートを見つけます。次に、Sudo netstat -tupを使用して、そのポートを「所有する」プロセスを見つけます。

それがあなたが探しているプロセスです。

PS:UDPでも機能するはずです。

53
Li Lo

ntop-プロセスレベルでネットワークアクティビティを監視する必要があります。 ntopはソフトウェアセンターで、またはSudo apt-get install ntopで見つけることができます

インストール手順については、そのページに従ってください http://packages.ntop.org/

13
Marco Ceppi

別の選択肢はiptrafです。プロセスのPIDは表示されませんが、どの接続がどのくらいの帯域幅を使用しているかがわかります。

7

遅い答えですが、私は同じ問題を抱えていました。 Ubuntuoneであることが判明しました。 tcpdumpを実行してそれを見つけました。プロセス識別についても同じ学習曲線を経験しました。

私のメモ から:

Ubuntuボックス接続情報

今朝、Ubuntu 10.04デスクトップを起動して、数分後にインターネット接続がクロールされることを確認しました。これは以前にWindowsボックスで見たことがあり、99%がスパイウェアです。そのため、...コマンドラインスタイルを調査する必要がありました。

tcpdump。 Ubuntuoneが狂っていることを示しています。

「システム」>「設定」>「Ubuntu One」。すべての同期をオフにします。それでした。

だから、私はすべてのネットワーク接続とそれらが何をしているかを見たいと思っています。私は出来ます

netstat -cW(外部接続が切り捨てられないように、ネットワーク接続をワイド形式で連続的にリストします)

lsof -i |grep -v 'localhost'(いずれかのインターネットアドレスに一致する開いているファイルをリストし、localhostに関連付けられている開いているファイルを削除するためにgrepを実行します。ネットワーク使用率)。

持ち帰るいくつかのこと:

  1. トラブルシューティングのためにUbuntuログについて学ぶ必要があります。
  2. Tcpdumpの詳細を学ぶ必要があるので、最初に Daniel Miesslerによるこのチュートリアル から始めます。

編集者のメモ:この回答は tinker's blogspot article を参照していました。これは招待ユーザーのみを対象としています。この回答にはかなりの賛成票があるため、価値があります。 Wayback Machine の記事のコピーを見つけました。そして、それをここに含めました。

6
tinker