it-mure.jp.net

システムの電源を切りながら、ネットワーク上で利用できるようにする方法

データとバックアップを提供するために、ネットワークにファイルサーバーをインストールすることを検討しています。

このマシンを常に利用できるようにしたいのですが、(電力を節約するために)常に稼働させたくはありません。

しばらくすると自動的に一時停止(または電源オフ)し、接続しようとすると自動的に電源がオンになるように設定することはできますか(LANマジックでウェイクアップを使用して、明示的なWOLを送信する必要はありません)パケット)?

10

Snow Leopardの時点で、OSXはこれを実行できるようになりました。 Sleep Proxy Service によって可能になります。それはほとんど自動です。唯一の要件は、スリーププロキシとして機能できる2番目の常時接続AppleデバイスがLAN上にあることです。現在の低電力組み込みボックスはすべてこれをサポートしていると思います:空港、タイムマシン、およびApple TV。

しかし、一般的なケースでは、答えはノーだと思います。私はこのようなサービスを実装している他のOSを知りません。このテクノロジーはオープンソースであるため、最終的にどこにでもあるはずがない理由はありません。まだ広く採用されているのを見るには、おそらく新しすぎます。

あなたは今尋ねているかもしれません、なぜあなたはLAN上に2番目のAppleボックスが必要なのですか?

PCがスリープ状態のとき、カーネル、つまりネットワークスタックは実行されていないため、OSには、必要な種類の「魔法の」パケットに応答できるコードはありません。

Wake-on-LANマジックパケットはOSによって処理されません。これらはネットワークインターフェイスICによって認識され、CPUに信号を送信してスリープ状態から解放します。一部のスリープ状態ではICの電源が入ったままになるため、これを行うことができます。 (これが、一部のマシンでPCが「オフ」になっている間、イーサネットリンクライトがオンのままになる理由です。)

Appleテクノロジーが機能する理由は、PCがスリープ状態になる直前に、スリーププロキシに通知するためです。スリーププロキシは、スリープ状態のマシンのトラフィックを一時的に受け入れるように調整し、何かを取得した場合興味深いことに、WOLパケットをPCに送信し、受信したトラフィックを渡します。

8
Warren Young

PowerNap (ubuntu-sever用にパッケージ化されていますが、ソースはそこにあるので、何でもコンパイルできるはずです)を使用して、バックアップマシンが何もしていないときに一時停止することができました。ただし、これによって自動的にウェイクアップされることはありません。 PowerNapソースtarball(Ubuntuではpowerwakeとしてパッケージ化)にバンドルされているPowerWakeプログラムもあり、Wake-On-Lanプロセスを少し抽象化します(ホスト名だけでWOLを簡単に送信できます。たとえば)、しかしそれはまだ自動ではありません。

編集します。別のオプション:

使ったことがないのでよくわかりませんが、ユニキャストメッセージでウェイクアップできるカードもあります。カードに機能があるかどうかは、 ethtool を使用して確認できます。

# ethtool eth0 

ネットワークデバイスをeth0に置き換えます。次に、「Supports Wake-on:」で始まる行の出力を確認します。その行に「u」がリストされている場合は、bootで次のことを実行できます(つまり、initスクリプトなどで)。

ethtool -s eth0 wol u

PowerNapまたは特定の条件下でマシンをスリープ状態にするその他のものと組み合わせると、これはあなたが探しているものを提供するはずです。

11
Steven D