it-mure.jp.net

共有ホストでキャッシングプラグインを使用するためのベストプラクティスは何ですか?

私は先日かなり大きなサイトを立ち上げました、そして私はキャッシングプラグインを取り入れたいのですが。セットアップは共有ホスト上で実行されるいくつかのBuddypress機能(ユーザー登録用、gpressによるマップ、プロファイルを持つ)が混在したシングルサイトです。

私の質問は:
1。この設定を考慮してどのプラグインをキャッシングに最適だと考えていますか?その理由(可能であれば)?
2。すべてが正常に機能していることを確認するために、セットアップ中に実行する必要があるベストプラクティスと手順は何ですか?
3。自分で追加したtransientsは引き続き使用できますか、それともそれらを削除してプラグインを終了する必要がありますか。削除されていない場合、彼らは衝突しますか?

ありがとうございます。

追加:/上の「電源」計画 http://www.inmotionhosting.com/hostingplans.html

29
Amit

共有ホスティングプランでは、キャッシュオプションは限られています。

あなたはあなたのページからのHTML出力を静的にキャッシュすることしかできないでしょう。これはページを提供する最も速い方法ですが、あなたはコメントをしたり投稿の最新のコメントを見たりするようなWordPressの動的な側面を失います。

オブジェクトとデータベースに利用可能なディスクキャッシュオプションがありますが、あなたのホストが速いドライブを走らせていない限り、あなたはこれから多くの利益を得られないでしょう、そしてそれはパフォーマンスの低下を引き起こすかもしれません。

すべてのキャッシングプラグインには、ログインしたユーザーまたはコメントCookieを持つユーザーにキャッシュされたページを提供しないというオプションがあります。

ログインユーザー+既知のユーザー=キャッシュなし

未知のユーザーはキャッシュされたページを配信されます。

トランジェント

トランジェントは、いつか期限が切れることを意図した小さなデータです。 WordPressはトランジェントをキャッシュとしてデータベースに保存します。 Memcache WordPressを使用するオプションがある場合は、一時データをメモリに保存します。トランジェントは、データベースの検索を減らすので効果的です。最新のツイートを表示するなどのソーシャルネットワーキングにも役立ちます。これにより、ページが読み込まれるたびにTwitter APIに電話をかけることが防止されます。

最も優れた 高性能ウェブサイト のベストプラクティスを使用しているプラ​​グインは、W3 Total Cacheです。

W3合計キャッシュ 単なるキャッシュ以上のことをする

W3トータル:

  • ページキャッシング
  • オブジェクトキャッシング
  • データベースキャッシング
  • 縮小する
  • ブラウザキャッシング
  • CDNの統合

共有ホスティングセットでは、ページキャッシュ、縮小、ブラウザキャッシュ、およびセルフホストCDNオプションを有効にする必要があります。

ページキャッシュ設定

ページキャッシュのすべてのオプションを確認してください

alt text

キャッシュプリロード

これをオンにして、あなたのサイトに適したものに更新間隔を設定してください。これは与えられた間隔でページキャッシュを再構築します。

alt text

設定を縮小

[URL構造を書き換える]を選択し、CDNを使用する場合は自動アップロードをチェックして、新しく縮小されたファイルが自動的にCDNにアップロードされるようにします。

alt text

HTMLを縮小する

改行、インラインjs、css縮小を有効にしてチェックします。コメントステムを使用しているAdSenseまたは他のサービスを使用している場合は、縮小しないようにここに入力してください。

alt text

CSSとJSの最小化設定

ファイル管理であなたのテーマを選択して、結合して縮小したいCSSファイルを追加してください。すべてのテンプレートを検索し、あなたに代わって提案されたファイルを追加するヘル​​プウィザードもあります。

ヘルプウィザードを使用する

W3 Totalにはあなたのテーマテンプレートを通り抜けて使用されるJavascriptとCSSファイルを見つけて推奨設定を提供するツールが含まれています。最初にこれらの設定を試してみて問題が発生した場合は、戻って必要に応じて修正します。赤で強調表示されているファイルは、縮小するためにすでに含めたファイルです。

Jsファイルにも同じオプションセクションがあり、ファイルを<head>の後、<body>の後、および</body>の前に配置することもできます。 <body>の前にできるだけ多くの数を置くのが最善です。インラインjsを追加するプラグインがあると、jqueryまたはプラグインjsの場合は</body>の前に使用できなくなります。インライン<script>タグの前にロードする必要があるためです。各場所および各テンプレートに、ファイルの任意の組み合わせを含めることができます。たとえば、comment-reply.jsをsingle.phpにのみロードするように設定できます。

alt text

ブラウザキャッシュ設定

これは正しく理解するための最も重要なものです。静的コンテンツをユーザーのブラウザに正しくキャッシュすると、ページの読み込み時間を大幅に短縮できます。 PHPを呼び出してボットなどに404ページを返すことはリソースの大きな浪費であり、この機能によって次のことが防止されるため、「静的オブジェクトに対して404エラーを処理しない」

全般

すべてチェック

alt text

CSSとJSファイル

すべてを確認し、期限切れヘッダーの有効期間を遠い未来に設定します。 31536000秒は1年で、yslowが推奨するものです。あなたがあなたのcssかjavascriptを変更するならば、あなたはユーザが古いバージョンを使用することを防ぐためにファイル名を変更しなければなりません。 minifyを使用している場合は、minifyキャッシュが再構築されるたびに新しいファイル名が生成されるので、古くなったコンテンツの提供について心配する必要はありません。

キャッシュ制御ポリシーを最大存続期間のキャッシュに設定する

alt text

さらに2つのブラウザキャッシュ設定セクションがあります。 HTMlと画像画像の場合は、CSSおよびJSと同じ設定を使用してください。必要に応じて、画像の有効期限を長くすることができます。

HTMLについては、あなたのサイトが主に静的でない限り、有効期限を設定しないでください。あなたが望むならあなたは短い寿命を使うことができます(180秒)が、私はより高く行きません。 gzipを有効にしてセットW3ヘッダをチェックすれば、レスポンスヘッダをチェックしてそれらが機能していることを確認できます。

alt text

CDN設定

W3 Totalは、人気の高いOriginのプルCDNおよびOrigin Push CDNと、サブドメインとcnameの設定を必要とする堅牢なセルフホストオプションをサポートしています。

セルフホストCDNを使用すると、パイプライン処理を利用できます。ブラウザは一度に2、3のファイルしかダウンロードできません。パイプライン化とは、サーバーの別名(たとえばサブドメイン)を使用して、ブラウザーが並行してダウンロードできるファイルの実用上の制限を増やすことができるようにする手法です。そうすることで、インターネット接続のスループットが最大化され、ブラウザでページをより速くレンダリングすることができます。 DNS CNAME(エイリアス)とサブドメインが正しく設定されると、W3TCはこれらのファイルを透過的に管理します。

すべてのオプションをチェックしてから、アップロードボタンをクリックしてすべてのコンテンツをCDNにアップロードします。セルフホストを使用している場合は、FTP情報を入力するための別の設定ページがあります。 Origin Push CDNの場合、使用しているプロバイダに基づいて設定されます。 Origin Pullでは、ファイルをアップロードせず、プロバイダから提供されたURLにcnameを設定するだけです。注意:新しいファイルが機能しない場合を除き、強制上書きを選択しないでください。強制上書きは、たとえファイルがすでに存在していてもファイルをcdnに常にアップロードするため、帯域幅とリソースが無駄になります。

alt text

テスト

あなたは常にあなたの結果をテストし、それに応じてあなたの設定を微調整するべきです。 WebPageTest.org を使用するのが好きです。私の結果を比較し、潜在的な問題を特定する。

共有ホスティングでWordPressのW3 Total Cacheを使用すると、パフォーマンスをどの程度向上させることができますか?

これらはW3 Totalを追加したWordPressブログの前後の結果です。

前:

alt text

後に

alt text

これが役に立つことを願っています。

24
Chris_O

.htaccessを使用して、クライアントサイドでCSS、画像、およびJavaScriptなどのものをキャッシュします。最も速いダウンロードは決して起こらなかったものです。

私はこれに関するリンクと参考記事のコレクションを投稿しました: http://icanhazdot.net/2010/03/23/speeding-up-self-hosted-wordpress/ /

0
CAD bloke

W3 Total Cacheを使用しないでください。ページが遅くなったり壊れたりします。 Super CacheとPage Speed Ninjaの使用をお勧めします。あるいは、オブジェクトのキャッシュとcssとjsの最適化のためのLiteSpeed Cache、静的なhtmlファイル作成のためのCache Enabler。静的キャッシュは、httpサーバーにlscacheモジュールがなければならないため、litespeedによって作成されず、それはlitespeedまたはopenlitespeed httpサーバーによってのみサポートされるためです。

0
juslintek