it-mure.jp.net

ユーザーインターフェイステストに関するリソースはありますか?

私はユーザーインターフェイスデザイナーではありませんが、UIプログラムをテストしています。ユーザーインターフェイスのテスターがUIをテストするときに知っておくべき/考慮すべきことへのポインタはありますか?

4
Ron Pihlgren

Jakob Nielsenは、インターフェースをテストする際に考慮すべきいくつかの概念の概要を説明しています。ただし、質問に具体的な情報がない場合、これは私がお手伝いできるのと同じくらいのことです。

これらは、ユーザーインターフェイス設計の一般的な10の原則です。これらは、特定のユーザビリティガイドラインよりも経験則に基づいているため、「ヒューリスティック」と呼ばれています。特定のユーザビリティガイドライン。 1

そして、その方法があなたに興味があるなら、ヒューリスティック評価で より詳細な外観

3
Andrew Shipe

ロケット手術 、スティーブ・クルーグ。

特に実際のユーザーを巻き込む場合。

3
Jonta

ブラウザーからのユーザーインターフェイスのテストを自動化したい場合は、 WebDriver (これはSelenium 2.0と相互運用できるようになりました)で素晴らしい進歩がありました。

2
Julian H

このリンクをチェックしてください- ユーザビリティテストはテストを推測しないでください

0
Ram Sundar

念頭に置いているテストの種類を正確に指定していませんでしたが、次のリソースがあります。

別のオプションは、Amazon.comの Mechanical Turk サービスで本当に手頃な人を雇うことです。

0
Hisham

これがあなたが探しているものかどうかわかりませんが、これは私が以前に使用したヒューリスティック評価チェックリストです

http://stcsig.org/usability/topics/articles/he-checklist.html

0
Wander

理想的には、以下のようなヒューリスティックスに対して検証する必要があります。

Simple = Colors & BG's, Page Weight, Page Design, Annoyances
Efficient = Productivity, Fields & Forms, Minimization of work, Readability
Intuitive = Labeling, language, and grammar, Designed for the audience, Controls
            Labeling, language, and grammar
Engaging = Comfort, Credibility and trust, Personalization & Customization, Collaboration,       
           Branding & Visual Design
Supportive = Visibility, Help and instructions, Error handling, Error display
Accessible = Perceivable, Operable, Understandable
Clear structure = Navigational controls, Navigation model, Information architecture
0
Ravi

「一般的なインターフェース設計の経験則」と照らし合わせて評価したい場合は、Neilsenの実際の「経験則」のリスト(方法の記事ではなく)を以下に示します。

http://www.useit.com/papers/heuristic/heuristic_list.html

ただし、これらは非常に「高レベル」です(つまり、詳細に欠けています)。

Appleは1992年に一般的な経験則を用いて最高の本を書きました。それはここにあります:

http://www.Amazon.co.uk/Macintosh-Human-Interface-Guidelines-ATL/dp/0201622165

そして、あなたはここでコンテンツページを読むことができます(スクロールダウン)。 Nielsenのリストのほとんどをカバーしていることがわかります。

http://portalparts.acm.org/580000/573097/fm/frontmatter.pdf

有用な情報のかなりの宝庫です。

ここでデジタルで購入することもできます:

http://portal.acm.org/citation.cfm?id=SERIES11430.573097

AppleはまだWebサイトに「ヒューマンインターフェイスガイドライン」を掲載していますが、一般的なコンテンツ(特に心理学の背景)の量を減らしており、「アップルのデザイン方法」に偏っています。

0
PhillipW