it-mure.jp.net

キーを押すまでコマンドプロンプトがハングしますか?

問題:

なんらかの理由で、コマンドプロンプトがランダムなキーを押すまでハングし、何も起こらなかったかのように動作し続けました。

発生:

これは、長い操作(一部のコードのビルド/コンパイルなど)を実行しているときに発生します。ハングした場合、何が起こっているかを示すものも、キーを押すように指示するものもありません。

説明:

  1. 数分後、端末は進行状況の印刷を停止し、スタックします。
  2. コンパイルプロセスの非常に長い部分に単純にスタックしていると思っていましたが、数時間後もまったく同じ場所にスタックしています。
  3. ランダムなキーを押したところ、突然まっすぐ戻り、進行状況インジケーターが表示され続け、作業を続けました。

その後、同様のイベントが、ファイルのコピーなどの長いプロセス中に何度も発生しました。

これは、Windows 7を実行している複数のデバイスで発生しました。これは、bashシェルを使用してubuntuでも発生しました。

41
Razor Storm

同じ問題が発生しました。回答 here および here は、これがコンソールのクイック編集モードの問題である可能性が高いことを示します。たとえば、マウスの迷惑なクリックを遮断したり、クリックが誤ってRDPを通過したりすると、スクリプトが意図せず一時停止する可能性があります。メニューバーを右クリックしてプロパティを編集すると、クイック編集モードをオフにできます。もちろん、CMDウィンドウからコピーして貼り付けるのはさらに難しくなります。

28
Tim D