it-mure.jp.net

ブルースクリーンオブデス(BSOD)を再現する最速の方法は?

マルチオペレーティングシステムの課題(コンピューターの整合性のテスト)の一環として、Windowsマシンで本物の死のブルースクリーン(BSOD)を再現する最速の方法を見つける必要があります。 XP以降のバージョンはすべて機能します。

Shinraiがそれを置くように:

それで、基本的にあなたは人間に可能な限り速く機械をBSODしようとしていますが、一度だけで、時計が始まる前に機械に触れることができませんか?

うん、それはまさに私がやろうとしていることです。

Windowsを混乱させ、ブルースクリーンを吐き出す単純なコマンドまたはアクションがあるかどうかと思います。どんなポインタでも非常に役に立ちます。

制約:

  • スクリプト/プログラムを作成できません
  • ハードウェアを台無しにできない
  • ウィンドウ内で実行できる必要があります
  • 偽造することはできません

Windowsをクリーンに起動できるようにする必要があります。次に、オンザフライでBSODを再現する必要があります。したがって、ハードウェアと必須ブートソリューションは優れていますが、これらのルールに準拠していません。


[〜#〜]結論[〜#〜]
私は、シンライのBSODの方法を実装する準備ができている競争相手に到着しました。ハードウェアをいじることができないということだけで、コンピュータの電源をオンまたはオフにすることに関する特定の規則はないことがわかりました。キーボードを確認したところ、USBキーボードだったので、編集するキーがわかっていました。開始するように指示されたので、すぐにキーを見つけて編集し、再起動しました。幸いなことに、これらは必要最低限​​のコンピューターであり、あまり多くのサービスを開始する必要がありませんでした-その結果、かなり迅速に再起動しました。周りを見回して、レジストリを悪用している人を見ましたが、他の誰もコンピュータを再起動していませんでした。私はキーボードの組み合わせを行い、BOOMウィンドウは美しいBSOD(OSが実際に良いもの)を吐き出しました。

結局勝ち、「Linuxボックスに戻ってよかった」と言うだけでした。

勝利のソリューションを提供してくれたShinraiに感謝します。

20
n0pe

実際に、ほとんどのバージョンのWindowsには、コマンドでBSODを生成する開発者ツールが組み込まれています。 Windows 7でUSBまたはPS/2キーボードを使用した場合の原因は次のとおりです(USB上のXP/Vistaの場合も同じですが、この記事ではそうではありませんが、誤解されているかもしれません)。 :

キーボードがシステムクラッシュを引き起こす前に、次の3つの設定を確認する必要があります。

クラッシュダンプファイルを書き込む場合は、そのようなダンプファイルを有効にし、パスとファイル名を選択し、ダンプファイルのサイズを選択する必要があります。詳細については、「カーネルモードダンプファイルの有効化」を参照してください。

PS/2キーボードでは、レジストリでキーボード起動によるクラッシュを有効にする必要があります。 レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parametersで、CrashOnCtrlScrollという名前の値を作成し、REG_DWORD値0x01と等しくなるように設定します。

[〜#〜] usb [〜#〜]キーボードでは、レジストリでキーボード起動によるクラッシュを有効にする必要があります。 レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\kbdhid\Parametersで、CrashOnCtrlScrollという名前の値を作成し、REG_DWORD値0x01と等しくなるように設定します

これらの設定を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

これが完了したら、次のホットキーシーケンスを使用してキーボードクラッシュを開始できます。右端のCTRLキーを押しながら、SCROLL LOCKキーを2回押します。

次に、システムはKeBugCheckを呼び出し、バグチェック0xE2​​(MANUALLY_INITIATED_CRASH)を発行します。クラッシュダンプが無効になっていない限り、この時点でクラッシュダンプファイルが書き込まれます。

カーネルデバッガーがクラッシュしたマシンに接続されている場合、クラッシュダンプファイルが書き込まれた後、マシンはカーネルデバッガーに侵入します。

21
Shinrai

これは古い文書化された手法です。少なくともVistaまで機能するはずです。

Regeditで検索:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters\

CrashOnCtrlScrollという名前のDWORDキーを作成し、その値を1に設定します。

...

BSODを生成するには、右のCTRLを押しながらScrollLockを2回押します。

5
A Dwarf

これらのレジストリ変更を実行することにより、手動で開始されるクラッシュ を有効にすることができます。

BIOSがシステムのハードドライブアダプターをネイティブSATAモードとレガシーATAモード(場合によってはIRRT)の間で切り替えることができる場合、Windowsがインストールされている別のモードに切り替えると、通常、BOOT_VOLUME_INACCESSIBLEエラーが発生します。 ACPIを有効にしてWindowsをインストールしたときにACIOを無効にすると(BIOSで可能な場合)、起動時にブルースクリーンが表示されることは間違いありません。

殺害winlogon.exe SysinternalのProcess Explorerを使用するとブルースクリーンが表示されますが、従来の「問題が検出され、Windowsがシャットダウンされてコンピューターを保護しています...」という従来の画面ではありません。

これも興味深いかもしれません- SysinternalsのBlueScreen Screen Saver。

3
LawrenceC