it-mure.jp.net

10.04で800x600を超えるATI Rage Mobility 128の解像度を変更する方法は?

Hardyでは 色深度を16に変更する だけで十分でしたが、どのドライバー(ATI、r128、fglrx)を使用したかは思い出せません。 ATIとr128(fglrxがクラッシュするようです)を試しましたが、画面の解像度を1024x768に上げることができません。これはHardyの下で機能しました。他に何をする必要がありますか?おそらくxorg.confのMonitorセクションに追加する必要があるものはありますか?ノートブックはDell Latitude C600です。

2
Tobias Kienzler

私のDell Latitude C600については、ただ従う必要がありました この投稿

ディストリビューションの違いについてはわかりませんが、これは同じハードウェアでXubuntu 8.10で機能しました。残念ながら、私が読むことができるものの最新かつ最高のゲームをプレイすることはできません:しかし、私はポストとハウツーをウェブ上で何週間もスキャンしたすべてで最終的にそれを動作させて幸せでした。私はまだこのすべてにかなり慣れていないので、特に今はウィンドウに戻すつもりはありません。 このUbuntuフォーラムのスレッド を見つけました。最後の投稿は、私をひっくり返したものです。その前に、Xubuntu 8.10で読み取れないと思われるxorg.confを手動で構成しようとしていました。とにかく、最初に実行するコマンドがいくつかあります。

これはまさに私がやったことです

Sudo apt-get remove --purge fglrx*  
Sudo apt-get remove --purge xserver-xorg-video-ATI xserver-xorg-video-radeon  
Sudo apt-get install xserver-xorg-video-ATI  
Sudo dpkg-reconfigure -phigh xserver-xorg

次に、xorg.confにある/etc/X11/xorg.confをバックアップします

Sudo cp /etc/X11/xorg.conf /etc/X11/xorg.conf.backup

次に、xorg.confにある/etc/X11/xorg.confファイルを次のように編集しました

Sudo -H gedit /etc/X11/xorg.conf


# xorg.conf (X.Org X Window System server configuration file)
#
# This file was generated by dexconf, the Debian X Configuration tool, using
# values from the debconf database.
#
# Edit this file with caution, and see the xorg.conf manual page.
# (Type "man xorg.conf" at the Shell Prompt.)
#
# This file is automatically updated on xserver-xorg package upgrades *only*
# if it has not been modified since the last upgrade of the xserver-xorg
# package.
#
# Note that some configuration settings that could be done previously
# in this file, now are automatically configured by the server and settings
# here are ignored.
#
# If you have edited this file but would like it to be automatically updated
# again, run the following command:
# Sudo dpkg-reconfigure -phigh xserver-xorg

Section "Module"
Load "i2c"
Load "bitmap"
Load "dbe"
Load "ddc"
Load "dri"
Load "extmod"
Load "freetype"
Load "glx"
Load "int10"
Load "type1"
Load "vbe"
EndSection

Section "Device"
Identifier "ATI Technologies Inc. Rage Mobility M3 AGP 2x"
Driver "ATI"
BusID "PCI:1:0:0"
VideoRam 8192
Option "AgpMode" "2"
Option "EnablePageFlip" "true"
Option "Accel" "true"
EndSection

Section "Monitor"
Identifier "Generic Monitor"
Option "DPMS"
HorizSync 28-70
VertRefresh 43-60
EndSection

Section "Screen"
Identifier "Default Screen"
Device "ATI Technologies Inc. Rage Mobility M3 AGP 2x"
Monitor "Generic Monitor"
DefaultDepth 16
EndSection

Section "DRI"
Mode 0066
EndSection

#
#
#Section "Device"
# Identifier "Configured Video Device"
#EndSection
#
#Section "Monitor"
# Identifier "Configured Monitor"
#EndSection
#
#Section "Screen"
# Identifier "Default Screen"
# Monitor "Configured Monitor"
# Device "Configured Video Device"
#EndSection
#
#

ファイルを保存して再起動する

上記のxorg.confファイルをコピーして貼り付けた場合は、1024x768の解像度で起動している必要があり、ターミナルダイレクトレンダリングでglxinfoを実行するとyesと表示されるはずです。

2週間前にこのプロジェクトを開始したとき、GLXギアは5秒で420で、約1時間前に説明した手順を完了しました(ほんの少し前にそれらを見つけたので、フォローするのに2週間かかりませんでした)

$ glxgears
3571 in 5 seconds
0
Tobias Kienzler

Hardyでfglrxを使用していた可能性がありますが、AMD/ATIは、ご使用のグラフィックスカードなどの古いグラフィックスカードのサポートを終了しました。そのため、代わりに-ATIドライバーを使用する必要があります。

前のコメントでfglrxとATIの両方を使用したときにfglrxをパージする提案は、一般的には良いアドバイスです。 -ATIを使用しようとしていて、まだfglrxカーネルドライバーまたはglxライブラリが存在している場合、混乱を引き起こす可能性があります。一般的に、これは解決には影響しませんが、問題はかなり予測不能です。

現在、オープンソースの-ATIドライバを使用していると仮定すると、カーネルモード設定をオフにすることができます。これは、Xが解像度の選択を担当していたのに対し、最近ではカーネルがそれを行うためです。 (これは、カーネルモード設定、またはKMSと呼ばれます)。以前はUMSで動作していたが(KMSで)動作していなかった場合、 TIのガイド で-ATIのUMSに戻ります:

これらの古いグラフィックカードで確認するもう1つの一般的なことは、AGPMode設定です。可能な値は1、2、4、8です。必要な数は少し予測できないようです。 2は1台のマシンで動作する可能性があり、一見同一のマシンでは異なる値を使用する必要があります。 -ATI開発者は、すべての場合においてこれを確実に推測する良い方法を見つけていません。

さらに、Xorg.0.logを確認してください。途中で解像度を調べ、モニターのリフレッシュレートに適合する解像度を決定します。問題がある場合は、明らかになることがあります。たとえば、LVDSとVGAの両方で機能する共通の解像度を見つけようとする場合(VGAが存在しない場合でも)、またはEDIDなどにエラーがある場合。

最後に、理論的には-ATIshouldxorg.confプレゼント。まだ試していない場合は、/etc/X11/xorg.confそして、それなしで実行したときに何が起こるかを確認します。半分の時間で問題は解決します。

2
Bryce